車融資

車融資よりも安全でお手軽な融資方法について徹底解説!

気になる融資方法の評判

私の仕事は固定月給というわけではなく、きちんと出勤しないと給料から引かれる日給月給制という給与制度を取っています。多くの中小企業はこの方法だと思いますが、固定月給と違って事情があって休んでも給与から引かれていくというのは、何だか微妙な気分ですよね。

しかも規模が小さい会社であればあるほどこの傾向が強くなり、無理に出社してはいけない病気…例えばインフルエンザなど感染力が強く症状がきつい病気で休んでも給料がしっかりと引かれてしまいます。私は不幸にもそれに感染してしまい、一ヶ月の多くを休んでしまって給料が大きく引かれていました。

少しくらいなら節約で何とかなるのですが、大部分を引かれてしまうと生活そのものが危うくなるのは仕方ありません。なのですぐにお金を借りられるところで生活費を工面しようとしたのですが、私が検索してきた時に出てきた車融資というのはなかなか曲者という感じでした。

車融資というのはすぐに借りられるとしてそれなりに知名度がありますが、インターネット上の評判というのがすこぶる悪いものが多く、はっきり言うなら闇金融業者ほどでないにしても危険を感じる業者が多いのが私の感じた第一印象でした。いくらお金に困っていると言っても、安心して借りられない場所というのは頼れません。

安心して借りるなら銀行カードローン

もっと安全で手軽な感じの融資方法は無いものか…と探していたら、意外と簡単に見つかったのが銀行が発行しているカードローンでした。銀行から借りれるというわけで安心できるのですが、カードローンというのが特徴です。

カードローンは車融資などと違って担保が不要で借りられますので、査定などを気にせずにお金を借りる事ができます。さらに一度でも借りれるようになるとカードが有効なら何度でも借りられるので、借りても返済をしておけば困った時にいつでも再利用ができます。これは手軽さと便利さを備えていると言っても良いですね。

このように、普段の生活で使う融資であれば、無担保でなおかつ信用できる場所から借りられる方法のほうが私達一般市民にとってはちょうど良い感じですね。銀行カードローンも審査が早く即日融資を行っているところもあるので、急ぎなら相談すれば対応してもらえるようになるでしょう。

カードローンの審査が甘いのがなんだかんだ言っても私が見た中だと一番オススメの融資方法なので、お金に困った人はまずこの方法から見ていきましょう。

法人への貸出金利はそれぞれ違う!法人の信用度が審査されています

企業は運転資金などが足りない場合には、金融機関から事業資金を借入することになります。この借入にももちろん貸出金利が設定されていますが、この金利は企業ごとに変わります。カードローンを考えてみてください。カードローンの金利には幅が有ったと思います。その幅の中で各利用者ごとに金利が決められます。それと同じで法人向けの融資でも借入する企業ごとに金利は違ってくるわけです。ではこの違いはどんなところから来ているのでしょう。

金利は信用度に関係する

一般的な傾向としては信用度が高い法人に対しては貸出枠が大きく金利は低く設定されます。逆に信用度が低い法人に対しては貸出枠は小さく金利は高く設定されます。したがって金融機関からの借入で金利が高いという場合には、信用度がまだまだだと思って良い訳です。信用度と言う物は急には上がりませんし、まだ創業間もない場合には、そんなに高いわけは無いのです。金利が高いからと言って悲観してしまうのは良くありません。踏ん張りどころかもしれません。

どのようにして信用を作るか

信用を作るにはまずか借入したものはきっちり返すことから始まります。カードローンでも申込時は最も高い金利が設定されますが、半年程度問題なく利用を続ければ、金利を見直してもらえます。それと同じで滞納などせず、予定の通り返済できていれば信用は自然に作られていくものです。そうすればだんだん大きな借入を低い金利で受けることができるようになって行きます。慌てずに少しづつ信用を拡大させていくことが大切なことなのです。

利益を上げることも有効

もちろん企業の力は得られる利益で見ることが出来ます。年々利益が上がって行けば、当然動かせるお金も大きくなり金融機関にも大きなアピールになります。要するに経営はこの上なく順調と判断されるわけです。こうなってくると金融機関の方の貸出枠は急激に大きくなっていき正常に返済されていれば金利も更に低くなっていきます。大きな信用を勝ち得たということです。ここまで来ると更なる事業拡大のための融資にも積極的に乗ってきてくれるはずです。

利益が縮小してしまっている場合

利益が縮小している場合でも黒字を出していてしっかり返済もしていれば信用度は上がります。ただし赤字を出すようになると金融機関は要注意と言う目で見るようになります。信用は下がって金利は高くなるかもしれません。また赤字幅が増加し、債務超過を起こしてしまうと、融資自体を見合わせるようになる可能性もあります。そうなる前に、抜本的な対策を講じなければなりません。もちろん金融機関に相談して対策を協議実行して融資を引き出すことも必要かもしれません。

慌てないこと

禁物なのは信用度を高めることを急がないことです。利益が上がれば信用度も上がると言えば拙速な方法で利益を上げようとして失敗する場合が有ります。失敗すれば信用度が上がるどころか、大きく信用を失うことにもなりかねません。慌てて何かを行おうとするのは大変リスクの高いやり方です。ですから慌てす長期計画を立ててじっくり信用を獲得出来るように事業を進めるようにしましょう。失った信用はなかなか回復しないということを覚えておきましょう。

住宅ローンを借りたいが審査が心配!住宅ローンの審査内容とは何か

住宅を購入する際には高い買い物ですから殆どの人は住宅ローンが借りられなければ話が始まりません。しかしローンには審査が有りますから、それが心配でなかなか申込むことが出来ないと言う人もいます。そこでよく聞かれるのが審査の内容はどんなものなのかと言うことです。予め審査項目が分かっていれば対策も立てやすいだろうと言う訳ですが、審査内容と言うのは金融機関の独自ノウハウで、どの金融機関も決して公開されることはありません。

住宅ローンの特徴

住宅ローンが他のローンと違うところは返済期間ではないでしょうか。住宅ローンは金額が大きいですから、最大35年もかけて返済します。したがって、例えば50歳の時に35年ローンを組んだとすると返済し終える時は85歳ということになります。いくら長寿国になったからと言っても85歳では普通はローンは借りられません。したがって住宅ローンで重要なのは年齢と言える出しょう。カードローンの利用は概ね70歳までですから。住宅ローンの場合完済時70歳ぐらいが限度でしょう。

他のローンでも言える事

もちろん他のローンでも言えることですが返済をしていくためにはそのもととなる安定した返済額に見合う収入が無ければなりません。ですから審査が通る為には正社員で勤続年数が3年以上、ある程度以上の年収が必要と言うことになります。契約社員や派遣社員の場合には評価は低くなりますし、アルバイトやパートと言うことになると残念ながら審査が通る見込みはありません。住宅ローンを借りようという場合にはまずは正社員を目指しましょう。

他のローンを利用していないか

もう一つ大きな問題が有ります。最近ではカードローンの出現でローンが利用しやすくなっているため住宅ローンを組む時点で他のローンの返済中と言うことも考えられます。そうなると住宅ローンを借入して返済する場合2つのローンの返済が必要になります。長い期間ではないかもしれませんが、その間多重債務と言うことになって、返済はかなり苦しくなります。年収にもよりますが、他の借入が有る場合には審査が通らないことは珍しくありません。

担保価値

住宅ローンの場合完済まで購入する住宅が担保になります。したがってその住宅が借入額に見合う物でなければならない訳です。ですから金融機関は住宅ローンの申込が有ったらその土地と建物について査定します。都市部の住宅出ればまず問題ありませんが、田舎の一戸建てと言うような場合には土地の評価額はかなり低いですから、審査には通らない可能性もあります。まずは不動産の鑑定をして借り入れ予定額と比較することも必要なのかもしれません。

その他

そのほか様々な項目が金融機関毎に決められている筈です。例えば住宅ローンを返済中に万一のことが有ったら返済してもらえませんので生命保険の加入が必要ですが、何らかの病気でこの契約が出来ないときは、住宅ローンも契約できなくなります。したがって健康診断も必要な訳です。審査項目を全て予想することはできませんから、以上のような何処の金融期間でも気にしそうな点をチェックして問題が無ければ思い切って申込んでみましょう。

貸金業法の法律改正は消費者にとって良かったか?消費者金融も影響大

2006年に貸金業法が改正され、2010年には完全施行されました。この改正では多くの改正が行われましたが、消費者金融を利用する消費者にとって大きな影響のある2つの改正点が有りました。一つはそれまで法律間で上限金利に食い違いが有りその間のグレーゾーン金利が廃止されたこと。もう一つが年収によって借入金額の枠を決めてしまう総量規制が行われるようになったことです。この改正は利用者にとって果たして良かったのでしょうか。

グレーゾーン金利の廃止

グレーゾーン金利と言うのはそれまで利息制限法で定められた低い上限金利と出資法で定められた高い上限金利がありその間の金利の範囲にある金利のことを言います。消費者金融は少しでも利息を多く取りたいわけですからもちろん高い方に合わせたわけです。しかし利用者の方は当然低い方に合わせろと言う訳です。そこで今回の改正に伴って正式に低い方に決まり、今まで取り過ぎていた分を返還することが必要になりました。この件はもちろん利用者にとっては朗報です。

総量規制の導入

総量規制は貸金業からの借入は全件合わせて年収の3分の1までとされました。これは収入も無いのに借入して生活が破綻する人が続出したために設けられた規定です。しかしこのために無職の人や学生は借入することが出来なくなってしまいました。もちろん収入が無い人が借入することには無理が有ることは間違いなく破綻する人は少なくなりました。しかしそれまで困った時に借入で回していた生活が維持できなくなってしまった人もかなりの数に上ったはずです。

影響が出た利用者もいる

したがって総量規制はそれによって助かった人もいますが、生活に大きな影響が出てしまった人もいるわけです。全てが良かったと言う訳ではないということになります。ただし、そもそも収入が無いか少ないというような場合には、返済していくこと自体に無理が有りますから、やはりこの規定が設けられたのはやむを得ないと考えなければなりません。返済能力が無ければ借りなくて済む生活を考えるべきであって、借入は諦めたほうが健全と言えるでしょう。

消費者金融への影響

この改正は実は利用者よりも消費者金融への影響の方が大きかったのかもしれません。まずグレーゾーン金利の廃止は消費者金融の利益を激減させることになりました。しかも過去に遡って返金しなければならなくなったのも大きな打撃になったはずです。また総量規制の影響としては例えばそれまで学生ローンと言うメニューも揃えていた消費者金融はメニュー自体を存続できなくなってしまい。収益源を失ってしまった消費者金融もありました。

経営が成り立たなくなる

影響だけではまだよいのですが、この影響が大きすぎて倒産に追い込まれる消費者金融も数多くありました。これは何も中小だけではなく大手消費者金融も経営が傾いてしまうほどのインパクトがだったのです。このためカードローンの開始時から提携関係にあった銀行が救済し子会社化するような例もあります。例えばレイクは大手消費者金融だったものが現在では新生銀行のカードローンのブランド名になってしまっています。要するにこの法律改正によって消費者金融は大波をかぶった訳です。

資金繰りが厳しい!ビジネスローンはこのような場合にも利用できるか

事業を円滑に進めて行くには常に利用できる資金を用意しておくことが重要です。このため金融機関ではビジネスローンを用意して企業のニーズに対応しています。しかし企業には調子の良い時もありますし、悪い時もあります。場合によっては資金繰りが苦しくなってしまう場合もあります。こういった場合も金融機関が資金を注入してくれるのであれば良いのですが、資金繰りが苦しいということは経営が危ないということもあります。そういう時にビジネスローンは貸してもらえるのでしょうか。

資金繰りもビジネスローンの目的の一つ

ビジネスローンは運転資金や事業拡張などのために利用されますが、資金繰りを円滑に行うこともその目的の1つです。借り入れできる金額はビジネス向けとしては小額ですが、これによって資金を回している企業もあります。ですから手持ちの資金が少なくなっていても将来入金予定と言うことであれば金融機関はビジネスローンを拒否するようなことはまずありません。返済計画を分かりやすく纏めてすぐに金融機関の窓口に相談に行きましょう。

返済の目途が立たない場合

将来の入金予定が無く返済の目途が立たないような場合には、ビジネスローンを借りてもすぐに返済に支障が出ることが予想されますから金融機関はビジネスローンと言えども貸してはくれなくなる可能性が有ります。そもそも返済計画が立てられませんから、金融機関は話に乗ってきません。もし適当な数字を並べて返済計画を立てても金融機関には分かってしまう可能性が高く、上手く融資にこぎ着けたとしてもすぐに返済に行き詰り、経営者がビジネスローンの連帯保証人になっていれば首が絞まってしまいます。

経営が行き詰っている場合

経営が行き詰ってきている場合には、通常のビジネスローンの利用は諦めて国の用意したセーフティーネット融資の利用を考えた方がすっと良い方法です。セーフティネット融資はそういう時こそ利用価値が出てくるものです。国は今デフレを脱却しするために様々な産業振興策を提供しています。ですから危なくなった企業を再生させるための様々な制度を用意しています。利用する為には様々な条件が有りますが、セーフティネット融資は経営が傾くことが条件ですから利用するにはもってこいです。

その他にも公的融資は有る

経営が傾いているわけではないが資金調達が難しくなってきている場合には、民間の金融機関はなかなか貸してはくれません。そこでセーフティネット融資ではなくても担保なし保証人なしの融資制度がたくさんあります。条件は付きますが利用できるものは大概有る筈です。金融機関との交渉がなかなか進まないような場合には、一度公的機関の窓口に行って相談してみることを勧めます。労力を使うのであれば可能性の高い方に使いましょう。

返済条件も確認しておこう

公的機関も貸す以上、返済しなければなりません。したがって借りたからと言って返済できないのであれば借りることはできません。そこで融資を受ける場合には返済条件を良く詰めておきましょう。例えば返済時期が翌月からでは無理かもしれませんが半年間据え置き期間が有ればその間は利息のみの支払いになり、返済は楽になります。融資制度の中には据え置き期間を持つものも沢山ありますから、よく探して、返済計画が立てられるものを選ぶようにしましょう。

マンションで不動産担保ローンは利用できるか?返済できるかが問題

個人でも比較的大きな金額の融資を引き出すことが出来るのが不動産担保ローンです。たとえば山でも持っていればそれを担保にしてもいいですし、持ち家があれば自宅を担保にすることが出来ます。借入出来る金額はその不動産の立地条件によって大きく違います。例えば広大な土地を持っていたとしても交通事情の悪い原野だったような場合にはいくらも融資はされませんが、都心に小さい土地を持っているような場合にはそれだけでも大きな融資を引き出せるかもしれません。

マンションで不動産担保ローンは利用できるか

マンションも持ち家であればこの不動産担保ローンの対象になります。融資金額は同じく立地条件に大きく左右され、概ね地価が高いところにあれば大きな金額の融資を引き出せる可能性が有ります。もし関心が有れば融資を受けるかどうかは別にして金融機関の窓口で相談して査定してもらいましょう。融資がどの程度行われるか分かれば不動産担保ローンを利用するかどうか決めることが出来ます。金融機関は不動産が大好きですからすぐに話に乗ってきます。

返済を考える

不動産担保ローンの場合例えばカードローンなどに比べて大きな金額を借りることが出来ます。したがって月々の返済も半端は額ではありません。いくらそれだけの価値が有る不動産を持っていたとしてもそれは収入ではありません。したがって返済に回すお金が入ってこなければたちまち返済に行き詰ってしまう事になります。ですから返済計画は十分に練り上げておかなければなりません。必要が有れば何度も金融機関に足を運んで相談してください。

自宅を失うリスクが有る

返済に行き詰ってしまうとどうなるのか、当たり前のことですが、担保を取られてしまう事になります。自宅マンションであれば自宅を失うことになります。自宅以外の不動産ならまだ良いのかもしれませんが、自宅の場合には家族が路頭に迷うことも考えられます。ですから融資を受ける場合にはそういうことも十分考慮して、万一の時には自宅をどうするかと言うところまで予め検討しておくようにしなければなりません。覚悟が必要なのです。

別の方法を考える

このようにマンションを利用した不動産担保ローンで特に自宅の場合には大きなリスクを伴うことになります。このためいくらお金が必要でもできれば他の方法の融資を探した方が良いでしょう。もしそんなに大きな金額は必要ないのだが担保を出さないと借りられないからと言う理由で有れば、公的な融資の利用を検討してみましょう。公的機関でも様々な融資制度が用意されていますので、狙い目かもしれません。事業資金にする場合でもやはり公的融資を当たってみる価値は十分あります。

返済の見込みがなければどんな種類のローンも借りてはいけない

ただし色々な方法を当たってみるのは良いのですが当たるにしても必要なのは返済能力です。返済が出来ないようなローンはどんな種類のものでも借りてはいけません。公的融資を利用しようという場合でも同じです。たとえ無利息の融資であったとしても返済は行わなければなりません。返済できなければ相手が公的機関であっても自己破産になってしまう事もあるのです。融資を受ける場合には返済のことも同時に考えるようにすることが大変重要なのです。

保証人が探せず融資が受けられない!保証人探しはどうすれば良いのか

最近では銀行でもカードローンに参入したことによって個人の信用保証さえ行われれば担保や保証人が無くてもお金を借りることが出来るようになったため普通の人はなかなか保証人を探すというようなことは無くなりました。しかし最近でも少し大きめのローンが必要になると言うようなことになると担保や保証人が必要になることはあります。しかし例えば保証人は人付き合いが希薄になった現在では以前以上に探すのが難しくなっています。

身内にお願いする

保証人を探す場合最も簡単なのが身内から探すことです。まだ父親が現役世代であれば父親に頼み込むことが出来ますが、引退した後は保証人にはなれませんから兄弟と言うことになります。兄弟がだめならさらに親族に輪を広げますが、兄弟で駄目な場合には、もう身内で探すのはかなり難しいと考えて良いでしょう。そもそも兄弟数はベビーブームを境に一貫して減り続け今や出生数は2を大きく割っていますから、兄弟にいることだけでも幸せなのかもしれません。

商売にしている会社が有る

そこでこういう人を狙って保証人を紹介するのを業務にする会社が出現しました。お金を払えば保証人を紹介してくれる訳です。保証人を探すのが大変難しくなっているためこのような商売が出てくるのは仕方のないことです。さらに少子化が進んで人口減になればこのような商売は更に隆盛を極めるのかもしれません。もしどうしても自力では保証人を探すことが出来ないのであれば、このような会社を利用するのも1つの方法ということになります。

トラブルも多い

こういう会社の仕掛けとしては保証人になっても良いという人を募っておいて申込が有ったら紹介し契約が成立すれば保証人には謝礼を払い、申込者からは料金を徴収するわけです。この会社が介在するのはここまでで、あとは保証人との関係と言うことになりますが、このような場合の保証人は経済的に困窮して保証など本来はできない人が謝礼狙いで応募したという場合が多く、返済中にトラブルに発展してしまうことも少なくありません。

保証人の要らない融資を利用する

このため最初から保証人は諦めて、保証人の要らない融資を探すほうが無難ではあります。借り入れ目的によりますが、たとえば個人事業で利用するのであれば無担保、無保証人でも比較的大きなお金を融資してくれる公的機関も存在します。無理して保証人を探すのであればそのエネルギーをそういう融資を探す方に向けた方が良いかもしれません。駄目もとでも良いので公的機関の窓口に行って相談してみてはいかがでしょうか。道は開けるかもしれませんよ。

返済の見込みを考えることが重要

保証人が要るかいないかとは別の話になりますが、保証人になってくれる人に迷惑を掛けないようにするためにも、返済の見込みが立たないような融資を受けることは止めましょう。事業を行うのであれば返済計画を含めた綿密な事業計画が立てられないうちに融資ばかり考えていてはそもそも融資など借りることはできません。また数字合わせゲームのように数字だけをうまく調整してもすぐに破たんするのは目に見えています。じっくり時間をかけて計画を練りましょう。

無職でもお金は必要です!無職がお金を借りるためには何が必要なのか

お金を借りたいが無職のためカードローンや他のローンの審査に通らず困っているという人は少なくないでしょう。日本は長期不況の影響で職を追われてやむを得ず無職になってしまったという人が沢山いるためです。しかしこういう場合でも生活は続けていかなくてはなりませんからお金が必要です。暫くは蓄えが有ったとしても長続きする訳はありません。そのためにはやはりローンを借りたくなるのは普通のことです。では無職の人がローンを借りるにはどうすれば良いのでしょうか。

金融機関の審査は厳しくなりつつある

金融機関のローンの審査は徐々に厳しくなる方向に進んでいます。このため無職と言うだけで断られるのが普通です。しかも法律により総量規制が始まりましたから、金額にもよりますが、無職に貸し出すこと自体が違法とされる場合もあって、今後も無職がローンを組むことはなかなか出来そうにありません。小規模の金融機関の中には無職でも対応するところは存在しますがその場合は法に触れない50万円以内かそもそもそう言って騙して大きな利息を付ける闇金と言うのが相場です。

何か仕事を始めよう

最も簡単なのがアルバイトやパートでも良いので何か仕事を始めることです。すぐには評価されませんが、しばらく経てば貸してくれるところも現れます。いくらアルバイトであっても無職の評価とは全然違います。ただしこの場合でもなかなか安定収入とは見てくれませんから、かなり探さないと見つからないかもしれませんし、見つかったとしてもアルバイト収入では大きな金額の借入は無理です。少しづつ収入を増やしていくしかありません。

いっそのこと個人事業を始める

ちょっと邪道かもしれませんが、いっそのこと個人事業を始めてはいかがでしょうか。今ではインターネットも有りますから、ホームページ一つで事業を始めることが出来ます。そして税務署に届を出せばいっぱしの個人事業主です。そのまま事業を進めてもいいのですが、お金を借りるという面からだけ考えると個人事業主は総量規制から外れます。それでも銀行や大手消費者金融で借りるのは無理ですが、中小の消費者金融であれば融資してくれる可能性が有ります。

担保を使う

担保になるようなものは無いよと言う人もいるかもしれませんが、例えば自動車はどうでしょうか。自動車があれば車融資と言う融資を利用することが出来ます。これは車を預けてしまう物やそのまま利用を続けられるものなど様々なパターンが有りますので自分に合ったものを選べば良いでしょう。ただしこの車融資を行っている業者は悪徳業者が多く。場合によっては車を取り上げてしまうような詐欺集団の場合もありますから十分注意しましょう。

公的制度を利用する

もし就職活動を続けているのであれば公的な融資制度もありますので調べてみてください。ただしここで説明してきた借入は必ず返済しなければならないものです。もし当面返済に見込みがつかないのであれば借入は止めておきましょう。それよりもそういう場合のために国が用意している生活保護の利用を考えたほうが賢明です。外国人の生活保護の不正受給などが問題になっていますが、これまでまじめに納税してきた日本国民であるのであれば、受給する権利は十分あると思いますよ。

国は事業支援に積極的!国が起業を奨励している理由とは何だろうか

日本はバブル崩壊後長期に渡って経済の低迷期に入り、一時は優良企業と言われる銀行も公的資金を注入しなければ破綻しかねない状況まで追い詰められてしまいました。こういった中で銀行はなりふり構わず貸し渋りや、貸しはがしをして生き残りを図り、そのあおりを食らって多くの企業は消えて行かざるを得なくなりました。しかしこの間国は手をこまねいていたわけではありません。様々な事業支援のための手を打っていました。特に創業支援については積極的だったのです。

経済を支えるため

その理由として皆が考えるのが、バブル崩壊の大波から国民の生活を支えるためには、経済を支え続けなければいけないということです。日本経済を支えているのは大企業もそうですが中小、零細企業の役割が非常に大きい訳です。その中小、零細企業を支え続けなければ国民の生活は守ることが出来ません。このためセーフティネット融資のような元々民間では融資が難しいような企業にも融資できるような仕組みを提供して融資制度を充実させてきました。

国の財政を守る

不況が続けばどうなるかと言うと庶民の財布の紐は固くなります。このため企業の利益が減少し、法人税も減少します。したがって不況は国の財政にも直接大きな影響を与え、ただでさえ国債依存度が高いのに、さらに国債を発行しなければならなくなります。そこで事業支援を行う訳です。まあ国債を引き受けることによって銀行は莫大な利益を上げていますし、財政破たんだなどと言っても、結局国債は円建てで国内でほとんどを引き受けているのですから、なぜ財政破たんなのか良く分からないのですが。

災害が増えている

日本は地震国です。特に阪神淡路大震災以後活動期に入ったと言われ、実際に東日本大震災が起こっています。今後も南海トラフ沿いに大地震が起こると言われていますが、地震が起これば企業活動に大きな影響が出るのは必死です。そのまま放っておいたら被災地の中小、零細企業は全滅してしまうでしょう。そこでそういう企業向けに金融の融資を行う制度も充実させています。それでも多くの企業が消えたことは事実ですが、この融資が支えになっているのも間違いありません。

もっとも大きな隠れた理由

このように国が支援する理由はいろいろとあるのですが、特に創業支援に力を入れているのはなぜなのでしょうか。それは時代に合った企業を育成するためです。時代は進んでいます。時代にそぐわなくなった企業には退場してもらって、時代にマッチした若い企業に育ってもらわなければ経済の活性は保てません。創業支援が手厚いのは実はそこにあります。10社中1社でも生き残って次世代の核になるような企業が出てくれば国としては万々歳なのです。

起業しよう

起業と言うのは大変エネルギーのいる仕事です。事業そのものについての知識が有っても、資金集めなどの知識が無ければ前に進めることはできません。そこで利用したいのが創業支援です。国、民間問わず創業支援に熱心です。自分だけでは無理でも、そのような支援を利用すれば起業を実現できるかもしれません。まずはどんな創業支援が行われているのかを調べる所から始めてみましょう。時流に乗れれば大きく成長できるかもしれません。

事業資金には日本政策金融公庫が利用できる!その融資制度の利用方法

事業資金が必要になる場合普通は銀行などの金融機関に融資をお願いするわけですが、融資してくれるのは何も民間だけではありません。公的な機関でも融資を行っています。例えば日本政策金融公庫というところでは実に様々な融資制度が有り、経営に行き詰ってしまっているような企業でも融資が受けられるようなものもあります。金利も民間に比べて低めの設定ですから借りやすく、条件さえ合えば利用してみる価値は十分にあります。一度ホームページを見てみましょう。

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫は正式名称株式会社日本政策金融公庫、略称日本公庫と言います。株式会社となっていますが財務省の特殊会社ですので公的機関です。この日本公庫は2008年にその当時の国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫が一緒になって設立され縮小した事業もありましたが、基本的に事業を引き継いでいます。ホームページをみれば分かりますが役所らしく今でも融資制度はその頃の名残が残っており、しっかり分けて表示されています。

融資制度の例

誰でも利用できそうなのが普通貸付と呼ばれるもので、運転資金や設備投資の場合4800万円まで借入できます。保証人や担保については借り手の要望を聞いてくれます。場合によっては無担保、無保証人の経営改善貸付などがあります。金利は担保の有無、保証人の有無、融資期間などによって非常に細かく規定されていますので自分の条件に合わせて調べてみてください。条件を入力すれば表示されるような仕掛けをホームページに設置してもらえるともっと利用しやすいのですがね。

申込むには

利用しようという場合には企業規模によっても違いますが小規模の場合には、先ず相談の必要が有ればそのための電話番号が用意されていますので電話で相談できます。もちろん窓口に行って相談することも可能でその場合には直近2回分の決算書を用意しましょう。申込は申込書を窓口あるいは郵送で提出するか、ホームページ上から申込みます。ホームページを利用した場合には書類は後日提出することになっています。同時に決算書などが必要になりますから必要書類を確認して間違いに無いようにしましょう。

融資までの流れ

申込を行うと次に面談が行われます。この時に必要になる書類についてはホームページを確認して、十分検討して記述しておいてください。面談で問題が無ければ融資が決まり契約書類を取り交わすことになります。契約が完了すれば融資が行われます。返済は月払いで、返済方法も何種類か用意されていますので、自分のところに合ったものを選べるようになっています。まずはホームページを覗いて見て利用できそうな融資が有るかどうかを見るところから始めましょう。

安易に借り入れてはいけない

日本公庫は公庫と言う性格も有って、審査は民間に比べれば比較的緩いと言えますが、融資は融資です。返済しやすい方法を選んだとしても、実際に返済していけるかどうかは借り入れ時点では分かりません。重要なのは返済計画を含む事業計画です。民間からの借入ではこのあたりが厳しく審査されますが、公庫の場合にはなるべく貸したいということから返済計画が多少杜撰でも借り入れできることが有ります。そういう場合あとで困るのは借り手です。借りる場合にはしっかりした計画を立てましょう。

利息は自分で計算!融資を受ける場合は金利計算ぐらいの知識は持とう

お金について関心の無い人は少ないと思います。それに執着する必要はありませんが、無いと困ることは言うまでも有りません。生活する上では絶対に必要なものです。しかしお金はいつもちょうど良い量と言う訳には行きません。手元に置くには多すぎたり、足りなかったりするのが普通です。そこで金融機関と言うものが必要になる訳です。多すぎるお金は預かってもらい、足りないときは貸してもらう訳です。そこで登場する概念が利息と言うことになります。

利息とは

ここで用語を整理しておきます。まず預けたあるいは貸りたお金のことを元本と言います。これに対してお金を借りた方が貸した方に返済する時に予め決めた利率に従って余分に足されるのが利息です。この時の予め決められた利率と言うのが金利のことで、利息はこの金利と借入していた期間によって計算されます。仕掛けはだいたい知っているという人は多いと思いますが、実際に自分が受け取るあるいは支払うことになる利息を自身で計算してみた人はあまりいないのではないでしょうか。

計算してみよう

では実際に計算してみましょう。いま100万円を年利10%で一月(30日)預けたとします。この時の利息の計算は
 100万円(元本)×10%(利息)×30/365(期間)= 8219円(利息)
となります。これは最も簡単な例ですが、利息の計算はどんなに複雑になっても、これが基本です。これで実際の元本、利率、利息の意味が概ね理解できたと思います。一度簡単な例を自分で計算してみましょう。

カードローンの返済の例

では次にカードローンを使って100万円を借り年利10%で月々1万円をリボルビング払いで返済していく場合を考えましょう。まず一月目の利息は前記の8219円です。したがって1万円の残り1781円は元本の返済に回ります。次に2か月目の利息は
 (100万円-1781円)×10%×30/365=8204円(利息)
となり元本が少し減って利息が少し安くなりました。これが元本が無くなるまで続くことになります。このように見ると大きな金額を借りてしまうと最初は利息ばかり支払っていることが良く分かります。

単利と複利

利息の考え方には色々あります。例えば単利と複利と言う物が有るのですが、単利と言うのは元本が最後まで変わらないと言うもので単純です。しかし複利と言うのは例えば半年複利などと言って、この場合半年たつとその分の利息が元本に組み入れられます。つまり元本が増えますから、その時点から利息もその分増えるわけです。したがってお金を長期に預けておくという場合には複利のほうがずっと有利になり利が利を生んでいくことになります。

固定金利と変動金利

さらに金利自体も基本的に2種存在します。固定金利と変動金利です。固定金利は預けているあるいは借りている間中金利は変動しません。しかし変動金利は一定期間ごとにその時期の経済指標に従て金利が見直されます。例えばお金を預ける場合には金利が高い時期であれば固定金利を、金利が低い時期では変動金利を選べば良いですし、借り入れする場合にはこの逆で、なるべく金利が低い時期に固定金利で借入するのが良いということになります。